医療事務から転職 一般事務

医療事務から一般事務に転職できましたよ!

 

どうも、ユウキと申します。

 

医療事務は安定した仕事だけど、
病院内の人間関係がうまくいかなかったり、お給料が安くて自立した生活ができなかったり、院長の奥様がクセのある人だったり、と転職を考える人は少ないありません。

 

わたしも某中規模病院で医療事務をしていましたが、事務内の人間関係に疲れたのと、給料が上がらないのに我慢できずに24歳のとき、一般事務に転職しました。

 

医療事務から転職しようと思った経緯

 

大学卒業後に、数ある仕事の中で医療事務を選んだのは、今後ますます高齢化社会で高齢者は増えるから病院はなくならないはず、むしろ、増えていくのではないか。そうなると医療事務の仕事もなくなることはないだろうと安定を求めた選択でした。

 

母親が医療事務で働いていたこともあっても医療事務の実情は知っているつもりでした。でも、母親はクリニックで働いており、安易に病院でも同じ医療事務だろうと思ってしまいました。病院とクリニックでは医療事務の労働環境に違いがあり、病院内での医療事務の扱いもひどく、医療事務員は下に見られがちでした。また、病院には長く医療事務員として働いているお局さんたちがおり、その人たちうまく噛み合わず、わたしは仲良くしたいと思っていても向こうが毛嫌いしている様子でした。

 

ただ、仕事は一通りできりょうになっており、医療事務の仕事自体は問題なくこなせていました。その当時のわたしにとってはそれがせめてもの救いでした。

 

でも、病院内での扱いはひどい、お局さんたちとはいっこうに仲良くなれないのが続き、こんな状況で働き続ける意味はあるのだろうか、もっと体制が整ったところがあるんじゃないかと思うようになりました。

 

ちょうど医療事務を始めて1年と数ヶ月でした。1年ちょっとで辞めるのは早いかなと思ったんですが、これ以上働き続けてもいいことはないと思って辞めました。

 

次の仕事も事務をやりかった

 

自分の性格的に販売や営業の方のように人と関係を作ってなにかを売ったりするような仕事がどちらかというと向いておらず、誰かを支えたり、サポートしたりする仕事の向いていると自分では就職活動当初から思っていました。

 

医療事務を辞めたあとも仕事をどうしようか考えたときにやっぱり事務にしよう!と思いました。せっかく学んだ知識ではありますが、もう医療事務として働く気にはなれませんでした。

 

事務でもいろいろありますが、まだ若いし、医療事務より待遇面がいい、正社員の一般事務を目指すことにしました♪

 

ただ、一般事務は求人が出るとたくさんの応募が集まるし、狭き門ということを聞いていました。

 

そもそも仕事を辞めて、再就職なんてやったことないし、わたしの流れだと、世間的には転職という流れかもしれないけど、

 

転職のやり方も知らなかったので、自分ひとりで転職活動をやってもうまくいかないだろうと思いました。

 

転職エージェントを使いました!

 

そんなわたしが利用したのが、転職のサポートをしてくれる、転職エージェントです☆

 

転職エージェントは、転職希望者に、求人の紹介や、履歴書作成や職務経歴書作成のアドバイスをくれたりします。

 

わたしのような転職初心者には、もってこいのサービスで料金もかかりません☆

 

転職エージェントは、紹介した企業から成功報酬をもらって運営されています。そのため、担当者によって、受かりそうなところばかり進めてくるような人もいるみたいですが、わたしが使ったリクルートエージェントではそんなことなかったです。

 

親身になって相談にのってもらいました♪

 

リクルートエージェント

わたしが、なぜ、リクルートエージェントを使ったかというと、ここはほかのエージェントよりも事務の求人数が多く、数あるエージェントの中でも営業系・事務系に強いという特徴があります。

 

わたしも実際に、ほかのところと比べてみましたが、リクルートエージェントのほうがいいと思える求人が多かったです。

 

せっかく転職するなら、いい求人を持っているところがいいです♪

 

エージェントの方の質も高いので、自分でも気づいていない長所や強みを教えてくれたり、業界事情も教えてくれるので、転職成功の道が開けてきます。

 

なかには、総合商社や大手自動車メーカー、大手電機メーカー、年収1000万円の求人など幅広く取り扱っています。医療事務から転職を考えているなら、リクルートエージェントに登録して、担当者とアポを取るところから始めてみるといいですよ。

 

平日の夜や土日でも話ができるように受付け体制も柔軟になっています。

 

登録すると自分が応募できる求人をみることができるので、仕事へのモチベーションも上がっていいですよ(^^)

 

≫≫ リクルートエージェントの登録はこちら

 

 

医療事務から一般事務に転職できる理由とは?

 

医療事務から一般事務に転職できる?と思っている人も少なくないかもしれませんが、医療事務から一般事務に転職はできている人はたくさんいます。

 

わたしも一般事務をやるまで、医療事務から一般事務に転職できる?と思っていましたが、医療事務のスキルが一般事務に活かせるところはたくさんあります。

 

あと、企業側が求めている人物像って、わたしたちがイメージしているような人物像ではなかったりします。

 

私たちは、経験者で即戦力となるような人を企業は欲しがっていると思うかもしれません、でも、実際は、未経験でも愛嬌があってコミュニケーション能力がそこそこあって、事務スキルが高そうな人だったりします。

 

わたしが一般事務で入った企業も、3人中3人とも一般事務未経験で、事務系(医療事務)経験者はわたしだけでした。ほかはアパレル販売やコールセンターからの転職者です。

 

わたしが受けた企業がそういう人材を狙って採用したのはあとになって聞いた話ですが、ほかにも事務友達に聞くと、どこの企業も変わらなかったりします。

 

もちろん、求人の募集条件に一般事務の経験3年以上とか書いてあるところは、望みはうすいので、そういったところは選択肢に入れないようにしましょう。それでも応募できる求人はけっこうあります。

 

一般事務に必要なスキルや能力

 

では、実際に、一般事務にはどんなスキルや素養が必要なのかというと、以下3つですね。

 

  • コミュニケーション能力
  • 事務スキル(Excel・ワード)
  • 事務処理能力

 

医療事務で求められることとそんなに変わりはないです。大まかに言うと、患者さんの応対が、「取引先」「社内の人」に変わり、レセプトが、Excel・ワードになります。

 

対応する人や扱うソフトが変わるだけで事務員として必要なスキルや能力は変わりはないです。

 

ただ、レセプトとExcel・ワードは同じソフトでも、全く違うものです。まったく同じというわけではないので、使ったことない人はExcel・ワードがどんなものか知っておいたほうがいいです。

 

一般事務の面接に望む姿勢

 

そうはいっても企業側の人からすると医療事務の仕事を知っているわけではないので、本当に一般事務で使えるスキルがある人なのかどうかは分かりません。

 

そのため、医療事務から一般事務を目指すときは、一般事務は、未経験なので早く仕事を覚えて事務員としてやっていけるように頑張ります!という姿勢で臨んだほうがいいです。

 

わたしの場合は、年齢も若かったというのもありますが、人事から採用後に事務未経験じゃないけど、一から頑張るという姿勢に好感が持てたと言われました。

 

一般事務に転職するときに使った自己PRと志望動機

 

自己PR

 

わたしは自己PRや志望動機は人のものを使わないほうがいいと思っています。理由は、自分の言葉ではないもの、自分の雰囲気に合わない言葉は、すぐに面接官に見破られてしまうからです。

 

でも、自己PRや志望動機をまったく書いたことがない人は、医療事務から一般事務に転職した人がどんなことを書いたのか気になる人もいると思います。

 

だいたいですが、わたしは、医療事務の経験(患者さんの受付け対応・レセプト作成・診療報酬計算)などをやってきたこと。また、その仕事を通して、人に接するときの笑顔の大切さ、事務作業でも間違いをしないように工夫する、メンタルを鍛えたことなどを書きました。

 

志望動機

 

志望動機は、人間関係がイヤで…なんて書かずに、前向きなものにしました。

 

もっと病院や患者さんの事務処理ではなく、企業の中で誰かのサポートや支えを直接的にできる一般事務の仕事をやりたいと思った。

 

もっと自分がサポートしている支えている実感が得られるような仕事をしたかった。

 

医療事務になくて、一般事務であるものという視点で探すと、いろいろ作りやすいと思います。

 

あと、ポイントとしては相手が納得しやすい志望動機にするといいです。でも、どんな内容がいいのか、最初はわからないと思うので、書いたもの、作ったものを転職エージェントの方に見てもらったりするといいですよ。

 

一般事務に転職してどうだったか

 

転職で内定をもらったあとも、正直、一般事務の仕事を本当にわたしができるのかという不安がありました。具体的にどんな仕事なのか現場がどんな雰囲気なのか知らなかったので。。

 

でも、実際やってみると一般事務の仕事はすんなりと覚えることができました。医療事務で覚えた経験があったのが大きかったかと思います。すぐに理解できましたし、作業系もミスなくすることができました。

 

逆に、アパレル販売やコールセンターで働いていた人たちは、似たような仕事の経験がなかったのか、初めての仕事に戸惑っていたり、間違えたりしていることが多いかったです。

 

現場の課長さんとも最初から仕事がそこそこ出来たおかげで今では頼りにしてくださっています(^^)

 

わたしが勤めているところは、給料14万円ほどですが、厚生年金あり、産休あり、育休あり、夏冬ボーナスあり(2ヶ月分)、昇給あり(少し)、土日休み、ほぼ定時、月初(3日)ほど残業あり、です。

 

医療事務のときよりも、全然待遇がいいので、今の気持ちは今のところで定年まで働きたいという気持ちです

 

医療事務から転職を考えている人は、きっとなにかいい選択肢があるはずなので、前向きに考えて一歩行動を起こしてみるといいですよ☆